減量中の運動と体重について

今日は、減量中の運動と体重について紹介したいと思います。

健康的な食事内容と量を保ち、体を動かすことが健康的な減量によって体重を減らすためには必要ですね。体重を減らすため食べないようにしていると、基礎代謝のカギを握る筋肉の量が減ってしまうので、そのぶんリバウンドしやすくなります。

リバウンドとは、ダイエットを終了させて食事量を元に戻した時に、これまで以上に一気に体重が増えてしまうことをいいます。2㎏から3㎏増えて留まるという人から、これまで以上に太ってしまう人もいますので、注意が必要です。

健康に気をつけて減量を行う場合は、リバウンド対策も常に頭にいれながらダイエットをするようにしましょう。ここで、リバウンド対策に有効な方法とは運動です。たとえば、毎日しっかりと30分間のウォーキングをするとか、ストレッチをするなどといったことが大切になります。こうすることによって、積極的に身体を動かすことになりますので、筋肉が維持できまたは多くなり、基礎代謝の高い体になれます。

基礎代謝が上がれば、何もしなくても1日の消費エネルギーも増えます。結果として、ダイエットの成功後に普通食に戻しても、リバウンドをすることなく体重を維持できるのです。運動は週に2~3回程度できる事が理想的ですが、いろいろと忙しいとできないと言う人もいると思います。

また同じようにダイエットで大事なことは、三日坊主にならずに継続的に続けていくことです。継続してチャレンジしていくことが何よりも大切ですね。一週間に一度は運動をしましょう。体力や運動神経が必要となるマラソンやジャズダンスは、続けること自体が苦しくなってやめてしまう人もいます。

運動選びは十分な時間を取ってよく検討してから選ぶようにしたいものです。減量が成功しない原因の多くは、あまりにも自己規制してしまうことです。これでは辛いばかりでいい結果は期待できません。リバウンドによる体重増加を防ぐには、コツコツと時間をかけて食べ物や運動を続けていくことが大事ですので、あまり焦らずにじっくりとダイエットに取り組んでいきましょう。